美人速報-女性の美容・ダイエット・恋愛まとめ-

女性の美容・恋愛についてまとめました。

【芸能人の体重】めざましテレビでダレノガレ明美が体重披露 2017年6月28日

YgUJSOmt
続きを読む

【調査】若者のフルーツ離れが深刻 20代の58%が摂取量"ゼロ"

引用元http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498520593/
1: DrugonSale ★ 2017/06/27(火) 08:43:13.58 ID:CAP_USER9
若者のフルーツ離れ 「面倒」「汚れる」に現れた救世主とは?〈週刊朝日〉
6/27(火) 7:00配信

 桃、すいか、ぶどう、さくらんぼ……。色とりどりの果物がスーパーの店頭に並ぶ時期になった。果物は季節感豊かな味覚だが、若者が口にしなくなっている。

 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、果実類の平均摂取量は20代が1人1日約61グラムで、60代の半分以下。20代の58%は摂取量ゼロ、「フルーツレス」だ。

 農協系のJC総研の「野菜・果物の消費行動に関する調査結果」でも似た傾向だ。果物を食べる頻度が「週に1日未満/食べない」と答えたのは、30代で43%、20代以下で55%。青柳靖元・主席研究員は若者のフルーツ離れの傾向について、「年々強まっている」とみる。

 東京都内の会社員・兒玉裕輝さん(32)は一人暮らしで、バナナを時々口にする程度。他の果物を食べない理由は「包丁を使うのが面倒くさい。手も汚れるし、ゴミも出る」という。

 若者の果物離れに、産地は危機感を強めている。

 青森県庁は県内外の小学生に「青森りんご出前授業」を展開する。栄養価の説明や試食を通して、食習慣をつけてもらうねらいだ。妊産婦向けには、りんごを使った料理のレシピなどを紹介するパンフレット「りんごの赤はママの愛」を配る。

 総務省の家計調査(二人以上世帯)によると、29歳以下の世帯のりんご購入量は全国平均で2000年に約3.7キログラムあった。16年は1.9キログラムまで減少。70代以上が20キログラム前後を保つのと対照的だ。県庁の担当者はりんご離れ対策を「一過性で終わらせず、地道に取り組む」という。

 みかん離れも深刻だ。

 農林水産省によると、最盛期の1975年に約327万トンだった出荷量は16年に約71万トン。青果物健康推進協会の近藤卓志さんは、食後にこたつで食べるなどみかんの食生活シーンが減ったことが一因とみる。

「こたつでみかん」が減り、同協会などは13年から、職場で食べる「デスク de みかん」をPRする。ビタミン豊富な魅力を伝え、企業の食堂などで販売。多いときは3日間で2.5トンも売れた。近藤さんは「若い世代もみかん嫌いになったわけではない。機会をつくれば食べるはず」と話す。

 中央果実協会の調査によると、果物を毎日食べない理由で最も多いのは、価格の高さ。次いで、日持ちしない、皮をむく手間、他に食べる食品がある、と続く。

 そんな果物離れのなかで、急成長している品種もある。

 例えば、ぶどうのシャインマスカット。高価だが、上品な甘さで大粒なのに皮ごと食べられ、種もない。「JA全農やまなし」の場合、14年に約1100トンの販売量が今年は2千トン超の見込み。担当者は「これほど消費者ニーズに合った品種はなかった。救世主」という。

 食べやすいバナナも若者に根強い人気。日本バナナ輸入組合などは新たな食べ方「夜バナナダイエット」をPRする。
夕飯前にバナナを食べて満腹感を高め、「ドカ食い」を防ぐ効果などを見込める。広報担当者は「朝食やおやつとして食べられてきたが、夜にも食べられるようになった」という。

19945_main


※週刊朝日 2017年6月30日号
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00000034-sasahi-life&p=1

続きを読む

【話題】1日3食食べてもきちんと痩せるお米の食べ方

引用元http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496756438/
1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2017/06/06(火)22:40:38 ID:CGt
1日3食食べてもきちんと痩せるお米の食べ方

糖質オフブームで「お米」抜きや減らすことが流行っている。
しかし、その反動からか、お米の優れた栄養価や特長が見直されている節もある。
そんな優れた食材であるお米を活用することで、ダイエットになることもあるようだ。
ただし、成功させるにはあるポイントがある。そこで、お米を3食食べながら、
ダイエットの結果を出す方法を、一般社団法人日本栄養バランスダイエット協会の理事長に指南してもらった。

■お米を食べるダイエットのよくある失敗

お米を食べるダイエットを成功させるためには、お米ダイエットでよくある失敗を把握しておくことが必要だ。
例えば、次のような失敗だ。

●おかずをあまり食べず、お米中心にすると、お米を食べ過ぎてしまいあまり体重が減らない
●お米が続くと飽きてしまう
●お米やあっさりとしたおかずばかりになるので、脂っこいものが食べたくなって、ついに爆発して食べ過ぎてしまう

■お米を食べるダイエットの失敗を防ぐには?

これらの失敗はどうすれば防げるだろうか。
日本栄養バランスダイエット協会の理事長である三田智子さんは次のように教える。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://dime.jp/genre/394590/?first=1

34a7af96

@DIME 2017.06.06

続きを読む

【芸能】痩せない方が良かったのにと思う有名人ランキング…宮沢りえ、戸田恵梨香、パパイヤ鈴木、深田恭子、貴乃花光司 など

引用元http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496510799/
1: ニライカナイφ ★ 2017/06/04(日) 02:26:39.09 ID:CAP_USER9
ほっそりとした抜群のスタイルを誇る有名人が多い芸能界。
食事管理やジム通いするなど、体型維持に忙しい人も少なくありません。
しかし痩せた方がキレイになる人が多い中、逆に痩せない方が魅力的だったと思われてしまっている人も。
そこで今回は、痩せない方が良かったと思う有名人について探ってみました。

1位 宮沢りえ
2位 戸田恵梨香
3位 パパイヤ鈴木
4位 上戸彩
5位 深田恭子
6位 貴乃花光司
7位 中森明菜
8位 中島美嘉
9位 村上知子 森三中
10位 熊田曜子

■1位は「宮沢りえ」!

整った顔立ちと高い演技力で、実力派女優として活躍し続けている宮沢りえ。
デビュー当時は頬がふっくらしていて健康的なイメージが強かった彼女。
ポカリスエットのCMで見せたフレッシュな表情に胸キュンした人も多いはず。
そんな彼女は歳を重ねるごとにほっそりしていき、大人の女性へと変化を遂げました。
痩せたことで落ち着きある雰囲気になったものの、彼女の魅力でもあった頬のハリが失われ、「痩せない方が健康的で良かった」「痩せたことで少し老けて見える」という意見が多数。1位となりました。

■2位は「戸田恵梨香」!

シリアスな役からコミカルな役まで演じ分ける人気女優の戸田恵梨香。
現在放送中のテレビドラマ『リバース』(TBS系)にも出演しており、ブレない演技力の高さを見せつけています。
元々ほっそりとした体型ではあったものの、以前交際が噂されていた綾野剛との破局がきっかけで激ヤセしたと話題に…。
痩せて更にキレイになったと言われた反面、頬がかなり痩せこけ、「前の方が可愛かった」「少し痩せすぎて不健康に見える」といった意見を持った人も多いようです。

■3位は「パパイヤ鈴木」!

ぽっちゃりとした体型とアフロヘアがトレードマークであった振付師のパパイヤ鈴木。
多いときは体重が100キロを超えていたとか。しかし役作りのため、短期間で20キロの減量に成功し、更に10キロ減量、2年足らずで合計30キロ以上痩せたそう。
スッキリとした体型になり、以前よりも踊りやすくなったようですが、「前の方がキャラクターが立っていた」「個性が薄くなってしまった」との声も多数。3位となりました。

このように、色々な理由で痩せたものの、痩せないほうが良かったと思われてしまっている有名人も少なくありません。
みなさんは、どの有名人を見て「痩せない方が魅力的だった」と思いますか?
no title


https://ranking.goo.ne.jp/column/article/4407/

続きを読む

【フランス】10代少女、5人に1人が「痩せすぎ」 研究

引用元http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497432184/
1: みつを ★ 2017/06/14(水) 18:23:04.18 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3131947?act=all

【6月14日 AFP】フランスでは10代の少女の約5人に1人が痩せすぎとする調査結果が13日、発表された。同国では肥満の増加も問題となっており、公衆衛生当局にとって新たな悩みの種となりそうだ。

 公衆衛生当局の2015年の調査によると、11~14歳の少女の19.6%が痩せすぎの状態で、10年前の5倍となった。6~17歳の男女でも13%に上り、10年前の8%から増加している。

 若年層に痩せすぎの人たちが増えている背景として考えられるのは、モデルのような体形を強調するファッショントレンドだ。そのうちの一つが「A4ウエストチャレンジ」と呼ばれるもので、少女たちは縦向きにしたA4サイズの紙を自分の腰の前に持ちながら自撮りし、写真をインターネットに投稿してウエストの細さを競っている。

 しかし、公衆衛生当局のブノワ・サラナーブ(Benoit Salanave)研究員は痩せすぎの原因について、早急に結論を出さないよう警告している。

 サラナーブ氏は「原因は解明できていない。もっと深く見ていく必要がある」と述べ、たいていの場合、少女たちはただ痩せているだけだと指摘した。「これは病気でもなければ拒食症でもない」

 ただサラナーブ氏は、フランス当局は他の国々と同様に肥満対策に主眼が置かれる中で、痩せすぎの問題にも真剣に取り組むべきだと認めている。(c)AFP

2017/06/14 14:07(パリ/フランス)

フランス・カンヌで開催された映像コンテンツの見本市に出席した女性たち(2012年10月8日撮影、資料写真)。(c)AFP/VALERY HACHE
no title

続きを読む



記事検索
最新記事
おすすめ記事

QRコード
QRコード



アクセスランキング
  • ライブドアブログ