美人速報-女性の美容・ダイエット・恋愛まとめ-

女性の美容・恋愛についてまとめました。

美容整形

【美容整形】ざわちん 整形願望ツイートが反響 批判の声に反論「平気にブサイクって言う人はバチが当たる人生だと思うよ」

引用元http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484471354/
1: muffin ★ 2017/01/15(日) 18:09:14.01 ID:CAP_USER9
http://news.livedoor.com/article/detail/12544734/
2017年1月15日 17時20分 デイリースポーツ

 ものまねメイクタレントのざわちんがツイッターで「整形願望」をツイートしたところ、賛否両論が巻き起こり、15日、改めて整形についてコメントし、批判の声に反論した。

 ざわちんは13日、「ノーズシャドウとハイライトにに頼らず普通に鼻整形願望芽生えてるこのごろ。」とツイート。
このつぶやきは大きな反響を呼び、ツイッターには賛成派、反対派を含めてさまざまなコメントが寄せられた。

 15日には「ひとは見た目にコンプレックスもちたくてうまれたわけじゃない。なのに平気にブサイクって言う人はバチが当たる人生だと思うよ。」という書き出しで、インスタグラムやツイッターに長文のメッセージを投稿。

 「それぞれ可愛くなろうと綺麗になろうとかっこよくなろうとイケメンになろうと努力してる。他人の事ばっかゆってそのひとたちほど自身に努力した事ない人にそんな言葉いう資格ないと思う」と批判の声に反論した。

 さらに「痛い苦い思いして整形する人もいれば毎日研究してメイクを勉強する人もいれば実物違くても写真でかっこよく、可愛くみられたい人もいれば髪の毛傷ませるまでイメチェンやたらして自分捜しするひともいる」などと、
整形やメイク、写真加工やファッション、おしゃれ、ダイエットなど“見た目”にこだわり、努力する人たちがいることを伝え、
「みんななにかを犠牲にして磨きをかけているんだよ。人のことを言う前に世界NO1美男美女になってから言うべきだね。」と最後はSNS上で“ブサイク”と攻撃する人を痛烈に批判した。

no title

続きを読む

【美容整形】<整形をカミングアウトした芸能人たち>整形のネガティブイメージに変化!整形自体がアイデンティティに?

引用元http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484098600/
1: Egg ★ 2017/01/11(水) 10:36:40.41 ID:CAP_USER9
 昨年の11月、モデルの道端アンジェリカが唇にあったホクロの除去手術をしたことを自身のブログで告白した。手術が美容外科だったこともあり、「ホクロは自分の個性だから…」(除去=整形するのはいかがなものか)というコメントもあった。しかし、ホクロの除去がいわゆる“整形”にあたるのかどうかという声もあり、今はどこまでが美容整形なのか、その境界線が曖昧になってきたようだ。男女を問わず、芸能人にはかつてから都市伝説のように“整形疑惑”がつきまとっており、整形に関する話題はタブー視されていた。しかし今では、あえて整形告白することで好感度を上げたり、話題を作って仕事を増やす例もある。一般層においてもネガティブイメージに変化が起きているようだ。


◆整形をカミングアウトした芸能人たち

 ブログやテレビ番組などで自ら整形告白したタレントをあげれば、FUJIWARAの藤本敏史が鼻にヒアルロン酸注射、眉毛をタトゥー、ホクロ除去など、2700のツネは80万円かけて二重まぶたと歯の整形、作家でタレントの室井佑月は豊胸手術、同じく作家の中村うさぎは全身整形して風俗嬢となってルポを著す…など、彼らは「整形=ネタ」系とも言えるだろう。

 一方、水沢アリー(目頭、二重、鼻)や森下悠里(目の下、鼻先、歯)などは“カミングアウト”系、古くは高須クリニックの広告にも出演した野村沙知代や三原じゅん子などは“タイアップ”系と言えるだろう。

 「芸能人の整形のルーツ、もしくは“伝説”とされるのは、やはり宍戸錠さんでしょう。“悪役を演じるために両頬にシリコンを入れた”(後に除去)という逸話は、役者魂を体現する名エピソードとして一般層にも広く知られていました。また、松田優作さんもコンプレックスを解消するために二重まぶたに整形していますし、カルーセル麻紀さんからはるな愛さん、KABA.ちゃんに至るまでの性転換手術の系譜も、いわば人生をかけた“大事業”だったわけです。最近では、バッシングを受ける前にカミングアウトしてしまおう…という“軽いノリ”も見られますし、さらには『私の何がイケないイの?』(TBS系)でも話題になったヴァニラちゃんのように、“整形モンスター”であることをウリにする新型の“整形タレント”まで出現している。だから、先に告白して好感度を上げたり、整形自体がアイデンティティとなるなど、最近の芸能界の美容整形関係はすべて“ネタ系”とも言えるでしょう」(エンタメ誌編集者)

◆整形への抵抗を弱める“整形並み”のメイク技術

 こうした芸能人たちの整形告白は、日本の一般層の整形に対するイメージをも大きく変え、整形へのハードルを低くしたとも言えそうだ。さらに最近ではメイク術が向上し、“ものまねメイク”で何人もの芸能人に変身してきたざわちんのように、まるで整形したかのように別人のようになることも可能になった。


no title

オリコン 1/11(水) 8:40配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000339-oric-ent

続きを読む

【美容整形】 鼻の穴が気になる。鼻孔縁延長(下降) を受けた人

引用元http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1317057488/
1: 名無しさん@Before→After 2011/09/27(火) 02:18:08.09 ID:hA/hlgdh
鼻自体は普通の高さなのに、鼻の穴が正面から見えてしまうという方の
情報を交換するスレです。


手術が終わった方、手術を受けられる方、
それぞれの情報を共有しましょう。

no title
 

続きを読む

【美容整形】顔をいじりすぎて激変… シャロン・ストーン 目元に異変でいじりすぎ露呈!?

引用元http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478891665/
1: 忍次郎 ★ 2016/11/12(土) 04:14:25.75 ID:CAP_USER9
 いつまでも若く美しいプロポーションを保っていると評判のシャロン・ストーン(58)だが、
60歳を前にして、目元に異変が起きてしまったようだ。

 カントリー・ミュージック・アソシエーション・アワード授賞式に出席したシャロンは、
黒いラメ入りのプランジネックドレスに、大きなダイヤのイヤリングをつけてレッドカーペットを歩いた。

 相変わらずプロポーションは抜群で、40歳を迎えるにあたって、うつになりかけたというシャロンだが、鍛え上げられた肉体美は健在だ。
しかし、デイリー・メール紙に掲載されている写真を見ると、目元はアイメイクのせいだけではなく、
顔をいじりすぎて激変したと言われているレニー・ゼルウィガーやメグ・ライアンのように、まったく雰囲気が変わってしまっている。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

MovieWalker 2016年11月10日 17時37分 配信
http://news.walkerplus.com/article/92208/
no title

続きを読む

【美容整形】目の下にクマを飼っている人、飼っていた人

引用元http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1465481261/
4: 名無しさん@Before→After 2016/06/11(土) 00:02:57.69 ID:/dgtAz8F
先週カウンセリング行ってきた
説明も詳しくしてくれて良い先生だった
ただリスクは無いと言ったのが引っかかるんだよね
やっぱりきちんとリスクを話してくれる先生の方がいいよね?
だからといって技術があるなしは別の話なんだろうなあ

580592a0dacb1
 

続きを読む



記事検索
最新記事
おすすめ記事

QRコード
QRコード



アクセスランキング
  • ライブドアブログ