美人速報-女性の美容・ダイエット・恋愛まとめ-

女性の美容・恋愛についてまとめました。

◯◯女子

【アベレージ女子】イマドキの女子大生は個性がない!!!!!

images
続きを読む

「サバゲー女子」増加

引用元http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1476001711/
1: フランケンシュタイナー(兵庫県) 2016/10/09(日) 17:28:31.85 ID:kwLrjzpK0● BE:154620419-PLT(16000) ポイント特典
http://www.excite.co.jp/News/product/20161009/zuuonline_123598.html

「サバゲー女子」も増加 サバイバルゲームが大人に人気の理由

ストレス社会と言われている現代日本。仕事のプレッシャーや人間関係のしがらみなどから発生するストレスを、どのようにして解消するのかに今注目が集まっている。

そんな「ストレスを思いっきり発散できる方法を知りたい!」と思っているような人にピッタリなスポーツの趣味が、実は今大流行しているのだ。

その名も「サバゲー」、サバイバルゲームのことだ。サバイバルゲームという名は、一度は聞いたことのある人もいるかもしれない。以前はマニアックな男性の遊び、というイメージが強かったようだが、この数年、20~30歳代を中心に女性の愛好者が増えている。

果たしてその理由とは何なのか?また、そのゲームの内容とは一体どんなものなのだろうか?

■FPSの影響も? 今サバイバルゲームがはやっている理由

少し前までは、サラリーマンの定番スポーツ趣味と言えば会社の上司や接待を兼ねたゴルフが定番だった。

しかし今では、日本生産性本部『レジャー白書』によると、ゴルフのコース利用者と練習場利用者の数は右肩下がりとなる一方。2008年時点で約1900万人存在したゴルフプレーヤーの数は、約4年間で1630万人まで急速に落ちていることが報告されている。

その理由は簡単。お金がかかるからだ。コースまでの交通費やプレー費・食事代など合わせると、プレーするだけでかなり高級なスポーツだと言える。ドライバーやアイアンなど一式道具を揃えれば、さらに出費は膨らんでしまう。

その点、サバゲーはシンプルだ。定例会と呼ばれるイベントに、友達を誘ったりして気軽に参加することができる。1人での参加も可能だ。必要な道具も、着替えやタオル、軍手など最低限の荷物だけでOK。迷彩服やプロテクター、銃などの装備品に関しても、ほとんどのフィールドで安価にレンタルしてくれる。

このシンプルさと手ごろな必要資金、サバイバルをゲームとして体験することによる日頃のストレスが解消できる満足感が、男性サラリーマンだけでなく働く女性にも人気を博している理由だ。

■サバゲーに参加する女子が増えている理由とは?

理由の1つに、サバゲーなどのオタク文化が段々と世間一般に公認されていることが挙げられる。インターネットが普及したことにより、今まで根暗・気持ち悪いなどと評されてきオタクが、趣味の造詣が深い人くらいにとらえられるようになり、親しみやすくなったのだ。

さらに、サバゲー女子が増えている背景にはアウトドアを好む女子が増えていることも影響していると言える。登山が好きな「山ガール」や、釣りを楽しむ「釣りガール」といった言葉もあり、アウトドア全般に関心のある女子が増えてきているのだ。

サバゲーファッションが女性の間で話題になっていることも、サバゲー女子の増加理由の1つだ。迷彩服をコスプレ感覚で身にまとうのが、ネット上で人気を博し話題になっている。

参加したみんなで写真を撮って盛り上がり、ゲームはしっかり本気で楽しむ、というスタンスが多くの女子の心を捉え、サバゲー女子」もどんどん増えてきているようだ。

no title

続きを読む

【◯◯女子】男性も参加可能! ラーメン女子のためのラーメンイベントが開催!!

引用元http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1458210449/
1: リサとギャスパール ★ 投稿日:2016/03/17(木) 19:27:29.26 ID:CAP
 17日、横浜赤レンガ倉庫で、「ラーメン女子博 2016 -Ramen girls Festival-」が開催された。
no title


 同イベントは2015年3月に2日間で約3万人の来場者を集めた「ラーメン女子博」の第2弾となる。
今回は12店舗がブースを設置。また日替わりでラーメン店が変わるブースもあり、計15店舗が参加する。なかにはラーメン女子のために開発されたオリジナルメニューを提供する店舗もある。

 同イベントのプロデュースを担当した、森本聡子氏はイベント開催に際して「年間600杯ラーメンを食べているラーメン大好き女子を代表して、今日から5日間元気に開催していこうと思います」と意気込みを語った。
 
 会場には、ミシュランガイドにも掲載された市ヶ谷の「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」や、ラーメンイベントには初出展となる、恵比寿の人気ラーメン店「中華そば すずらん」など有名店が軒を連ねる。
また、美を意識した美容商品やドリンクの出展、女子限定の飲食スペースやトッピングサービスなど、イベントにちなんだ女子向けサービスも多い。
さらに、出展されているラーメンそっくりなラーメンケーキなども購入可能だ。

 もちろん男性も参加可能。入場は無料だが、ラーメンを購入するのには会場で販売されている1杯900円のラーメンチケットが必要だ、なおイベントは21日まで開催している。

期間:2016年3月17日~2016年3月21日
開催時間:11時~21時(※予定)
会場:横浜赤レンガ倉庫
入場料:無料
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000011-reallive-life
3月17日(木)19時12分配信

続きを読む

【社会】「ギョーザ女子」急増中!人気のワケとは

引用元http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1449658306/
1: 野良ハムスター ★ 2015/12/09(水) 19:51:46.00 ID:CAP_USER*.net
ダウンロード (21)

実は今、ギョーザを気軽に楽しむ「ギョーザ女子」が増えているといいます。
女性の心をつかむ新しいギョーザのスタイルとは―

■ギョーザを食べる頻度は?

女性は普段どのくらいギョーザを食べているのでしょうか。街で尋ねてみると―

「月2回とか3回くらいです。熱々の肉汁がじゅわ~っと出たかんじがおいしいです」
「今日もお昼に食べました」「週1回は食べてるかな」「よく行きます。女の子たちで」

こうしたギョーザ好きの女性が増え、今やギョーザ店で女子会が開かれるまでになっているといいます。

■お酒に合うギョーザを

この夏、渋谷にオープンしたおしゃれなお店「GYOZA BAR(ギョウザバー)」。
客の半数近くを女性客が占めるこのお店、なんとギョーザをワインやシャンパンと一緒に
味わっているんです。ワインにあうワケは3種類のソース。
「トマト&ジンジャー&ニンニク」「ハーブ&みそ」「黒ラー油」がありました。

オーナーシェフによると、これらのソースは女性たちがワインやシャンパンで、会話をしながら
飲んで食べてという姿をイメージして仕上げたそう。3種類のソースは味の特徴が
「パンチ」「まろやか」「キレ」に分かれていて、いろんな味を楽しめるのが、女性にはうれしいところ。
女子会やデートでにおいを気にせずにすむように、ギョーザにニンニクは入っていないそうです。
ところで、この“ギョーザ女子”、どのくらい広がりを見せているのでしょう。
オーナーシェフによると、女性一人でも訪れる人もいるそうです。

■新作は“ギョーザ女子”の投票で

こうした女性向けのお店は、約2、3年前から増え始め、今年になって急増しているとのこと。
そんな、お店の人気などをきっかけにギョーザを特集した女性誌や、女性によるギョーザ食べ歩きの
本の出版が相次いでいます。また、あの「餃子の王将」では、常連さん限定のカードに
ハローキティバージョンを用意。ギョーザ女子ブームを後押ししました。

東京・新宿区の「ダンジー餃子」では、ギョーザ女子の意見で、新メニューを決めたといいます。
女性客限定の試食会を開いて、新作ギョーザの人気投票を行ったところ、「ラム肉」や「梅」
「パクチー餃子」を抑えて1位になったのは「マグロのすきみ」。マグロという斬新さと
ヘルシーさが女性に受けたそうです。店主によれば、香りやうまみに敏感な女性に選んでもらうことで、
ギョーザの新しい可能性が広がればとのこと。

ギョーザ文化を変えてしまいそうな、ギョーザ女子パワー。来年も目が離せません。

http://www.news24.jp/articles/2015/12/09/07316948.html

続きを読む

【◯◯女子】40代女性も「女子」と言わせてよ!

引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1432296932/
1: メンマ(秋田県)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 21:15:32.50 ID:Xxc5a+HV0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
40代の女性といえば、結婚出産育児を経験している人もいれば、バリバリと独身で働いている人もいたりと、人によってかなり生き方の違いが出てきている年代。でも、
共通するのは「キレイでいたい」という気持ちではないでしょうか。ここでは、バリキャリ独身女性と専業主婦、2人の40代女性が登場。彼女たちの日常、アタマの中を四コマ漫画でお送りします。

http://news.mynavi.jp/series/40s/001/
no title

続きを読む



記事検索
最新記事
おすすめ記事

QRコード
QRコード



アクセスランキング
  • ライブドアブログ